ホーム

野菜のβカロテンで皮膚や粘膜を健康に保ち視力の低下を予防する

ilm19_da01010-s.jpg

多くの野菜に含まれるβカロテンはプロビタミンAともいわれ
体内でβカロテンとして働くだけでなく、ビタミンAに変換されて利用されます


ビタミンAに変わったβカロテンには、皮膚や髪、目の角膜、
内臓の粘膜などを健康に保つ働きがあります


また、肺や気管支などの呼吸器系統が病気に感染しないように抵抗力をつけたり、
生殖機能の維持、成長促進にも働いています


ビタミンAが不足すると、粘膜が傷つきやすくなり、肌がかさついたり、
消化器官が弱って下痢をすることもあります

呼吸器系に細菌やウイルスが侵入しやすくなり、
よく風邪をひくようになってしまいます




カロテンは体内でビタミンAに変化する|野菜の栄養

phm06_0764-s.jpg

多くの野菜に含まれるβカロテンはプロビタミンAともいわれ
体内でβカロテンとして働くだけでなく、ビタミンAに変換されて利用されます


体の中に取り込まれたβカロテンは一部がビタミンAにかわり、
残りはβカロテンとして蓄えられ必要に応じてビタミンAに変換されます


またビタミンAに変換されないβカロテンには
生活習慣病を予防する働きがあるといわれています


動物性の食品に含まれるビタミンAはとりすぎると
疲労感や吐き気、頭痛などを引き起こすことがありますが、
野菜に含まれるβカロテンにはそのような心配はありません


Return to page top