ホーム

トマトの栄養価

gum15_ph03010-s.jpg

トマトにはほかの野菜にはない
栄養成分リコピンが含まれています。


リコピンは赤い色素に含まれているポリフェノールの1種で、
抗酸化作用があり、動脈硬化、ガン、
生活習慣病の予防効果が期待できます。

リコピンはビタミンEを多くごまと
いっしょに食べるとより効果的です。


また油とともに摂取すると吸収効率がよくなるので
油を使った料理がおすすめです。


カロリーは丸ごと食べても約40キロカロリーしかありません。


酸味成分のクエン酸には
血糖値を抑える作用があるといわれ、
こちらも生活習慣病の予防になります。


美しい肌を保つためのコラーゲンの生成を促すビタミンCや
血圧を下げる働きがあるカリウムも多く含んでいます。

一人暮らしでも野菜中心のバランスのとれた食事をとりたい

一人暮らしで食事の偏り、野菜不足で悩んでいませんか?


一人暮らしでもうまくバランスの良い食事をとりたいものですね。


わたしは最近健康のため野菜中心の料理を作り始めました。

おもな野菜としては、トマト、白菜、キャベツ、などを料理しています。

しかし仕事で夜帰るのが遅かったりすると、

買い物に行く時間がなかったり、

コンビニや外食で食事を済ませてしまうこともありますけどね。



野菜は色んな物をいろいろ食べるのが理想ですが

迷った時には栄養価の高いブロッコリーを

好んで食べるようにしています。

gum03_ph05105-s.jpg


ブロッコリーは野菜の中でも

色んな種類の栄養を高い水準でもっています。


ブロッコリーは小さな花のつぼみの集まりです。

つぼみの中には当然、花粉が入っています。


花粉はあらゆる栄養のかたまりで、

自然界にある完全栄養と言われています。


ブロッコリーはアメリカではパワーフードと呼ばれ、

摂取を進められているほどです。


それでも栄養価が高いからといって

ブロッコリーばかり食べるのではなく、

バランス良く摂るのが原則です。



Return to page top