ホーム

一人暮らしで不足気味?|余分な脂肪を排泄してくれる食物繊維

ilm19_ed02022-s.jpg

一人暮らしで食物繊維が不足していませんか?

食物繊維は人間の消化酵素では
消化されにくいので大腸まで達します

この食物繊維は便秘を防ぎ、余分なコレステロールや脂肪を体外に排泄してくれるので、
ダイエットだけでなく動脈硬化や高血圧の予防にも効果があるといわれています

便秘の改善は肌荒れを防ぐとともに、
大腸がんの予防にもなります

他には食物繊維の働きで腸内でビフィズス菌などの善玉菌が増殖して
悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境をよくします



では食物繊維は1日にどれくらい摂取すればいいのでしょうか?



食物繊維は1日20g~25gくらいが目標摂取量となります
統計によると私たちの食物繊維の平均摂取量は
1日15~16g程度となっています


健康な成人は1日に150g程度の排便をするといわれていますが
この150gの排便を出すには1日20~25gの食物繊維が必要といわれています


健康な体を維持していくためには
野菜や海草をいままで以上に食べることが必要です


ilm19_cb02040-s.jpg





1日必要な野菜の摂取量|野菜は健康の維持、増進に必要な食品

ilm16_cd01009-s.jpg

あなたの1日の野菜の摂取量は足りているでしょうか?


「21世紀における国民健康づくり運動」(健康日本21)では
生活習慣病の予防に不可欠なビタミン、ミネラル、食物繊維など補給するのに
必要な1日の野菜摂取量を350g以上としています


厚生労働省の国民栄養調査によると、
日本の1日当たりの野菜の平均摂取量は295gで
目標値の84%程度となっています


野菜はビタミン、ミネラル、食物繊維など
生活習慣病の予防、健康の維持、増進に必要な食品です


ビタミンやミネラルは非常に大切な役目を果たしていますが、
人間の体内では、ビタミンやミネラルなどの
栄養素を作り出すことができません


最近の研究では、
野菜に含まれる健康成分の複合的な作用が、
ガンの予防に効果的であるとされており、
野菜の摂取量の多い人は、野菜の摂取量の少ない人に比べて
ガンの発生率も低いという研究結果も報告されています


gum06_ti01014-s.jpg




Return to page top