ホーム » バランスのとれた食事 » 一人暮らしで夕食が遅い時間になってしまう場合の注意点

一人暮らしで夕食が遅い時間になってしまう場合の注意点

夕食がどうしても遅くなってしまうというのは、
現代社会では、珍しい事ではありません。
しかし、健康の面から気をつけなくてはいけない事があります。


お昼というのは、大体時間が決まっているものですから、
夕食が遅くなると言うことは、昼食と夕食との時間が、
大きくあいてしまう事があります。


昼食と夕食との時間が空きすぎると、人は脳が栄養不足と判断し、
脂肪を溜め込まなくてはいけないという、はたらきを起こします。


夕食が遅くなる事が分かっている場合であれば、
夕方の休憩時などに、少し軽食をとっておくといいかも知れません。
こうすることで、夕食のドカ食いを防ぐことが出来ます。


この場合の軽食には、ヨーグルトや果物、おにぎり1つ等がおすすめです。
ヨーグルトはカルシウムの補給、果物は、ビタミンやミネラルが豊富です。
おにぎり1つは、お腹にも溜まりますので満足感もあります。
勿論、ここでの軽食分を考慮し、夕飯の量を調節しなくては本末転倒です。


また夕食が遅くなると、夕食と就寝との時間が短くなりがちです。
こういった場合には、夕食には雑炊やお茶漬け、おかゆ等、
消化の良いものを食べると、脂肪を溜め込みにくくなります。


あまり食べないで居るのも、空腹感から睡眠を妨げる要因となるため、
ホットミルクなどを飲む等し、眠りに効果的なトリプトファンを、
取り入れて行くと、快眠に繋がるかと思います。


1日の食事バランスを大きく見た場合、軽食を取り入れる事は、
忙しい現代人の生活の中では効果的です。
遅い時間に食べ過ぎない事から、時間が多少遅くとも、
太りにくい食生活と言えるでしょう。


ここで、夜遅い時間に夕食を取る方が太らない工夫として、
少しおさらいをしておきましょう。


1.どうしても夜遅くなる時は軽めの軽食を済ませておく
2.脂肪分の摂取を抑え、消化の良いものを取るようにする
3.夕食はなるべく帰宅後すぐ食べるようにし、就寝との時間を空ける


この3点を守れば、夜遅い食事をする方でも、
健康的に太らない食生活を送ることが出来ると思います。
朝食や昼食には、好きなものを食べるなどし、上手く、
コントロールしていきたいですね。



どうしても夕食が遅い時間になってしまう場合、どんなことに気をつければ いいのでしょうか

Return to page top